07 8月

これを疑う人

論理学でないということは、その理論が理屈の上で、破綻しているということです。
話はそれますが、進化論なども、大雑把にいって歴史と同じです。

決定的な証拠がでることは、まず不可能です 客観的事実を丹念に拾い上げ、比較検討し その結果、事実を推定するのです ここで、従軍慰安婦の問題に話を移しましょう 書や証言、公文書といった史料について 上述した歴史学の一般的な事実認定の手法に基づいてみることにします。
公文書 まず公文書については、説明することはありません これを疑う人も、私のブログに来るお客さんでいましたが 問題外です 古い時代のものであれば、その真贋を見極めるのに ヤミ金取り立て 印などを検証しないといけませんが 国が直接、関連省庁において保管していたものは 疑いようがないのです これを否定すれば、世界中の歴史文書、事実が否定されます 合理的な考えとは言えません。その存在を論証しろという主張は論理的ではなく 疑うなら逆に、なぜ偽者なのかを証明しないといけません ココに、この問題で私と論争している相手の方の間違いがあります。