29 7月

不安定な発電量

結局のところ、民間企業という形で事故の責任も対応も出来ないことが、
今回の事故で明白になったわけで、

民間企業に原発を委託することが問題であって、まだ独立行政法人という形で原発を運営したほうがマシのような気がします。 そして、エネルギーの固定価格買取制度というのは、再生可能エネルギーではなく、独法を運営出来るの価格で運用するといったところですか??
因みに再生可能エネルギーの固定価格買取制度は愚の骨頂で、不安定な発電量でしかない発電などリスク以外何物でもなく、送電側に不安定な発電を補 うための供給手段を強いるわけで、問題の解決にすらなってないです。
そういう意味では再生可能エネルギーの固定価格買取制度など電力供給の手段として成立 しないわけで、発電出来たら固定価格で買い取りますよとかいうのは、市場の原理からも反するわけですねw 市場って、性善説で成り立つものでしたかねという話で、手口からして詐欺に等しい行為としか思えないのは自分だけですかね??