19 5月

低下

BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、数値の評価レベルは国家によって違いがあって、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と決めています。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、加齢など多様な原因が合わさると、インスリンの分泌量が低下したり、機能が悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患します。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症の事であって、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性新生物などを併発してしまう症候群の事を称しています。
人間の耳の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、この中耳の近くに細菌やウィルスがうつって炎症が起こったり、体液が溜まる病が中耳炎というわけです。
肝臓をいつまでもきれいに維持するためには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、即ち、肝臓のアンチエイジング対策を実践することが有効です。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に大きなダメージがかかった結果、全身至る所の様々な血管に障害が起こって、合併症になってしまうリスクが高まるのです。
ストレスがかかり、蓄積していく経過や有効なストレス対策法など、ストレスの正確な知識を学ぼうとする人は、まだ少ないようです。
鍼灸のはりを体に刺す、という物的な程よい幾多の刺激は、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名称の電気信号の伝達を引き起こすのではないかと考えられているのです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を衰退させたり変異を招く悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の力をより良くする特性が判明しているのです。
基礎代謝量(kcal)は目覚めている覚醒状態で命を保っていく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の維持など)ために要るミニマムなエネルギー消費量のことを言うのです。
花粉症というものは、森林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が元凶となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気なのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許切れの後に市場に出回る、新薬と変わらない成分で経済的な負荷が小さい(薬代の高くない)後発医薬品のことをいいます。
HIV、つまりエイズウイルスを持った血液や精液の他、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、看病する人等の傷口や粘膜等に触れると、HIVに感染する可能性が高くなってくるのです。
老化による耳の聞こえにくさにおいてはなだらかに聴力が低下するものの、一般的に60歳を超えてからでないと聞こえの悪化をしっかり認識できないのです。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という2つの異なる技術がよく導入されています。