27 10月

対応を毎回する人

『飲み会に行けたら行くという人・予定日の直前までどうするか分からないという人』はそれだけで嫌われるとは思わないが、

『はっきりした返事をしない事』は『相手に余計な判断や準備の心理的・時間的コスト』を掛けてしまって迷惑になりやすい。 何回も曖昧な返事を繰り返した上で、更に一回も参加しないとなると、ただそれから誘われなくなるということになりやすいだけだが、『行けるかどう か分からないという対応を毎回する人(結論としてはまず来ない人)』の多くは、それほど積極的かつ親密にその集まりに参加したくはないという本音もあるだ ろう。
自分がその集団・相手を嫌っているとか無関心だとかいう風に思われたくないために、誘われた時にすぐにノーとは言えないのだが、『本当は行きた かったけど直前の仕事・用事で行けなくなったという理由』を相手に受け容れて欲しいという心理があり、とりあえずそこまで深い付き合いはしたくないが自分 を嫌わないでくれという姿勢だと解釈しておけば良いかもしれない。