17 12月

意外と美味しい

これは15年前に千葉市のある中学校でおきた暴力沙汰の話です。

給食の時間になると これはありか?ネタをやる男子生徒がいました。

その時の彼のテーマは「酢豚にパインを入れるのはオカシイ」でした。
だけど、生きていく上では、神経質でピリピリしているより、無神経の方がラクかもしれません。
無神経な生き方は楽でしょう。
然し、日記にも書いた通り他人様に迷惑を及ぼします。
これはなんとしても避けたいのが本音ですね。

周りに想いが到らなくなったら人間ではありません。
人間の皮を被った野獣以外の何物でもないでしょう。

彼はクラスの皆に意見を聞いてまわり、ある生徒に不倫調査 長崎声をかけました。

声をかけられた生徒の家は酢豚にパインが入っていました。
それを聞いた男子生徒はクラスメートを馬鹿にしました。

クラスメートは酢豚にパインが入っている事はおかしくないし、意外と美味しい旨を説明しました。

それを聞いた男子生徒はクラスメートに舌がオカシイだ、狂ってるだと言って馬鹿にしまくりました。

カチンときたクラスメートは男子生徒をぶちのめし、酢豚にパインを入れない方がオカシイと詫びをいれさせました。
我ながら酢豚一つでクラスメートをぶちのめすというのは、やりすぎたかなぁと思いましたが、まあ日韓の歴史認識も酢豚の中のパインと一緒です。

日本には日本の歴史が、韓国には韓国の歴史があります。

また、同じ出来事でも立場が違えば違った見方が出来るわけです。

なので韓国がこの出来事に対してこう思うから日本もこう思えと言ったって、思っている事がそもそも違うから無理な話です。

だから、共同研究をしたって時間と金の無駄です。

これこそ鳩山幸の遊興費とともに事業仕分の対象にすべき事です。

ただでさえ、教科書から楠木正成や足利義持ら偉人の記載が減り、変わりに韓国の偉人や抗日運動家が増えているのにこれ以上何をやれというのでしょう。

本当にいい加減にして欲しいです。