12 11月

抽象的すぎる

ある日何の前触れもなく大手の企業から「あなたを採用したいと思っています」などということはまずないと思います。

内定を少なからず貰うタイプの人はそれだけ山ほど面接で不合格にもなっているものです。

ふつう自己分析をする機会の要注意の点は、具体的でない表現を使用しないようにすることです。抽象的すぎる表現では、たくさんの応募者の選択をしている人事担当者を理解させることは困難だといえます。

【就職活動のために】面接の際は、面接を受けている人はどんな性格の人なのかを観察しているわけですから、練習したとおりに上手に読むことが大切なのではなく、精一杯担当者にアピールすることが大事なのだ。

【応募の前に】第一志望だった応募先からの内々定でないといった理由で内々定に関する返事で悩む必要はまったくない。就職活動を終えてから、見事内々定となった応募先から選ぶといいのです。

【就職活動のために】成長業界で就職できれば、魅力的なビジネスチャンスに出会うことがたくさんあると言える。新規事業立ち上げの機会もあれば、新しく子会社や関連会社を作ったり大切なプロジェクトやチームなどを担当させてもらえる可能性が高くなるだろう。