14 7月

早稲田大

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率は10年現在、男性20.14%、女性10.61%。1980年の男性2.6%、女性4.45%から急増している。

「恋愛学」の講座を担当したこともある早稲田大の森川友義教授(政治学)は「人口減少により、介護や税収減、空き家、孤独死などの問題が生じ、 地方は大きな影響を受ける。児童手当などは結婚しない人には関係ないので、少子化問題の解決にはならない」と指摘。

「婚活パーティーなどに税金を投入する ことへの議論はあるが、参加者が結婚して子どもを産み、その地域に住んでもらえれば将来的に元はとれる。男女を引き合わせるだけでなく、そこまでのフォ ローが大切だ」と話している

この政権の政策が進めば、日本の子供の未来は(勿論超富裕層を除く)アメリカ資本の奴隷になるか、さもなくば米軍の指揮下の傭兵となるか、いずれにせよ宗主国米国の奴隷である、それが日本人の望む未来なのか?

隷米自民・創価党の日本人の米国奴隷化政策を阻止せよ!!
世界で起きていることに、国家同士の競合対立の構図はもはやどこにもない。