02 8月

映画『渇き。』の感想。。。

ASKAこと宮崎重明被告が保釈金700万を支払って仮釈放された。
その事件のシンクロニシティではないが、

この映画もシャブ(覚せい剤)の青少年への氾濫と家庭不倫調査 滋賀生活の崩壊を題材にしたはちゃめちゃ系エンターテイメントである。
ドラッグに誘惑されやすい精神的に追い詰められた人や安易な快楽志向の人には悪影響もありそうな、ポップドラッグカルチャー(ポップな麻薬汚染)や少女少年の売春、いじめ(いじめを越えた組織犯罪・麻薬汚染への取り込み)を絡めている。 内容的には、美少女がとんでもない非行や人格破綻に突っ走っていって自滅するバイオレンス(スプラッターでもある)・サスペンスといったところ か。
元刑事である少女の父親も、人殺しに傷害・DV・強制わいせつ・脅喝に何でもありの暴れっぷりで完全にどうかしてしまった感じである。 『愛情に溢れた明るい家庭・親子関係』を夢想しながら、自分の人格の異常性・衝動性のせいで自ら全てをぶっ壊してしまうのだが、家庭崩壊やトラブルの責任を全部妻・娘に押し付けて『くそが、ぶっ殺してやる』など呪詛を吐いて暴れている。