12 9月

米国に挑戦

先の大戦では、これらの島嶼群を巡って、日米が壮大な海上戦を繰り広げ、最終的に米国が日本に勝ち、これらの地域の支配権を握り、今日に至っている。

しかし、急激な発展を遂げる中国は近い将来、この地域において米国に挑戦する気満々なのであり、それを隠そうともしていない。
そして、その手始めが「尖閣諸島」のある東シナ海であり、南シナ海もまたしかりである。 中国のこの壮大な野心を知れば、最近の中国の行動の理由がはっきり分かろうというものだが、浮気調査 名古屋不思議なことに日本のマスゴミや民主党の一部、社 民党、共産党には見えないらしい。
いや、あえて国民の目から隠していると言った方が良い。いつも言っていることだが、これらのマスゴミや政党には中国の意 向に沿った行動をとる、所謂「工作員」が入り込んでいるため、中国の悪意ある行動等は決して報道しないし言及しない。連中の頭にあるのは、「中国の国益」 であり、「日本の国益」ではないことは明らかである。