27 4月

茹でた後

「カニを味わった」という達成感を得る事が可能なのはタラバガニなのだが、真のカニとしての絶品の味を間違いなくいただく事が可能なのはズワイガニだろうという差がございます。

全体的に毛ガニは甲羅の長さが10〜12cmくらいの大きくないカニで、漁獲が始められた時は紺色同然のような褐色に見えるでしょうが、茹でた後になると明るい赤色に変わるということです。

ワタリガニというと、甲羅が強くて身が重々しいものが仕分けるための大切なところ。煮ても美味しいが、香ばしく焼いても美味しい。独特の味の身は様々な鍋物にぴったりだ。
甲羅にプチプチとした「カニビル」の多くの卵が産み付けられているほど、ズワイガニが脱皮した時から時間が流れていて、ズワイガニの身の実態が妥当で素晴らしいと把握されるのです。

ワタリガニは諸々のいただき方で食べることが望めると考えていいでしょう。焼ガニにしたり、柔らかな素揚げや絶品のチゲ鍋なども捨てがたいですね。

コメントを残す