22 4月

諸先輩方

もともと科目合格制がとり入れられているが故に、税理士試験は社会人の方も受験しやすくなっていますが、その代わり受験学習にかける期間が長きにわたるということがよくあります。

ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法というのをお手本にすることをお勧めします。
行政書士試験の注目すべき特徴を示しますと、点数主義の試験制度が設けられており、合格できる上限人数を取り決めていないので、つまり問題内容の難易度そのものが、ありのまま合格率に深く影響します。

試験システムの見直しにあたって、従前の運・不運に影響される賭博的な因子が一切なくなり、まさに真の実力が備わっているのかが判断される登竜門的な試験へと、行政書士試験の中身は基本から作り直されました。
一昔前までは行政書士試験の受験は、割かし入手しやすい資格と伝えられておりましたけれど、今は大いに難易度が高く、かなり合格を獲得することが容易でない資格になります。

現実従前に法律に関しての経験などないのにも関わらずに短期の学習期間にて行政書士試験に合格されるような方もいます。彼らのほとんどに見られる共通点は本人にピッタリの「確実な勉強法」を選ぶことができたことといえます。

コメントを残す